HOME 周辺観光(いい旅めぐり)

周辺観光(いい旅めぐり)

いい旅めぐり

テレビ東京「いい旅夢気分」で平の高房が紹介されました。紹介されたコースを廻ってみてはいかがでしょうか?
平成24年5月30日放映分の行程表をご紹介いたします。

1日目

10:00

東武浅草駅 発

東武鉄道 スペーシアにて約2時間 1,500円(特急券1,300円)

11:58

鬼怒川温泉駅 着

昼食後、徒歩約5分

12:50

鬼怒川ライン下り

ライン下り約6kmの行程を40分かけて下るライン下りは、船頭さんの楽しいガイドとともに 進んでいきます。渓谷をぐんぐん流れ行く爽快感は、遊園地の乗り物にはない格別なものです。 雄大な渓谷の自然に包まれ、スリルとアドベンチャーを楽しんでみましょう。

13:35

鬼怒大瀞 発

東武ダイヤルバスにて約5分 180円

13:40

東武ワールドスクエア

東武ワールドスクエア世界各国の有名な遺跡や建造物が、25分の1サイズの精巧な模型に。まさにガリバー気分ですが、しっかり目を凝らして細かい部分もチェックすると見ごたえのある建物や約14 万体いる住人たちもご覧になれます。建築物の歴史的背景やミニチュア制作時のエピソードなどをスタッフが解説する無料ガイドツアーも実施しています。

14:36

小佐越駅 発

東武鉄道 東武鬼怒川線にて約20分 350円

14:36

龍王峡駅 着

14:56

龍王峡

龍王峡今から2200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が、 鬼怒川 の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれる「龍王峡」。 その名の通りまるで龍がのたうつ姿を思わせるような迫力のある大景観は、山間のいで湯、川治温泉と鬼怒川温泉の間、約3キロに渡ります。

16:01

龍王峡駅 発

野岩鉄道 会津鬼怒川線にて約12分 400円

16:13

湯西川温泉駅 着

16:23

湯西川温泉駅 発

東武ダイヤルバスにて約25分 860円

16:48

湯西川温泉 終点 着

送迎バスにて約5分  要連絡

16:55

上屋敷 平の高房 到着

2日目

09:30

上屋敷 平の高房 到着

送迎バスにて約5分

09:35

平家の里

平家の里平家落人伝説の地として古くから知られる湯西川。
数々の伝説が残るこの場所で、その落人たちの生活様式を永く保存、継承する拠点として再現されたのがこの施設です。趣のある藁葺き屋根の家では手づくりの木じゃくしや木鉢の販売も行われています。

10:30

湯西川温泉 発

東武ダイヤルバスにて約25分 860円

11:00

湯西川温泉駅 発

野岩鉄道 会津鬼怒川線&会津鉄道にて約1時間20分 1,920円

12:17

塔のへつり

塔のへつり「へつり」とは方言で険しい崖の意味で、その形状が塔のような形をしている事から「塔のへつり」と呼ばれています。塔のへつりは大川ラインにある渓谷で第三系凝灰岩、凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いに構成されている事でそれぞれ浸食の度合いが異なり独特の景観を創り上げています。

13:58

塔のへつり 発

猿游号(要予約)にて約55分 1,000円(一日フリー)

14:43

大内宿

大内宿大内宿は、会津城下と下野の国(日光今市)を結ぶ32里の区間の中で会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町です。
南山通り・下野街道・日光街道・会津西街道とも呼ばれ、会津藩主の18回に及ぶ江戸参勤と江戸廻米の輸送と、当時会津藩と友好関係にあった米沢藩・新発田藩なども頻繁に利用した重要路線でした。  また、以前の記録では天正18年(1590年)伊達政宗の小田原参陣、同年の豊臣秀吉の奥羽仕置きに当宿場を通行した記録があります。

16:01

大内宿入口 発

猿游号(要予約)にて約20分

16:45

湯野上温泉 発

会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道にて約3時間50分 3,760円(特急券 1,000円)

16:48

東武浅草駅 着

おとくなまるごと鬼怒川 東武フリーパスをご利用ください。上記行程表の★印が乗降自由になります。浅草から4,600円 上記の赤字の料金と帰りの湯野上温泉~湯西川温泉間の料金1,920円が別途になります。